沿革

沿革
昭和34年(1959) 小松原高等学校設立認可
普通科生徒第1回入学式挙行、校歌制定
小松原賢誉、初代校長に就任
昭和35年(1960) 体育館完成
昭和36年(1961) 北校舎完成、機械科併設、第1期生入学
昭和43年(1968) 創立10周年記念式典挙行
昭和44年(1969) 自動車科併設
昭和46年(1971) 自動車科実習室が第一種整備士養成施設として許可
第1回海外研修実施
昭和48年(1973) カリキュラムに年2期制、週5日制度を採用
昭和50年(1975) 川口校舎完成
昭和51年(1976) 中央本館、小松原記念館完成
昭和52年(1977) 普通科に進学・実業コース制を導入
昭和53年(1978) プラネタリウム館、地学教室、天体観測所の完成
昭和54年(1979) 小松原総合グラウンド完成
創立20周年記念式典挙行
昭和55年(1980) 特別教室、音楽室兼小講堂、製図室、鋳造、機械実習室完成
昭和56年(1981) 西校舎完成
昭和58年(1983) 本館校舎屋上に天文台完成
昭和61年(1986) 自動車科実習棟完成
機械科に情報技術コース設置
昭和63年(1988) 学校創立30周年記念15号館完成
平成 元年(1989) 日本庭園「哲学の森」完成、陶芸館完成
平成 5年(1993) 情報技術コースが情報科に改編
TV放送教育センター(付設・保健センター)完成
平成 7年(1995) 鈴木幸夫、第二代校長に就任
平成10年(1998) 普通科・普通Aコースに体育専攻クラス開設
平成11年(1999) 創立40周年記念式典挙行
平成12年(2000) 普通科・進学選抜コース募集開始
平成14年(2002) 小松原誠、第三代校長に就任
平成15年(2003) 普通科に進学選抜コース・進学コース・総合コースの3コースを開設
平成21年(2009) 創立50周年記念式典挙行
平成23年(2011) 加藤正芳、第四代校長に就任
平成25年(2013) 普通科を特別進学・進学選抜・総合進学コースに改編
平成26年(2014) 工業系(機械科・自動車科)の募集を停止
笹本隆悦、第五代校長に就任
平成26年(2014) 普通科・進学選抜コース募集開始
平成27年(2015) 越谷レイクタウンへ移転
「叡明高等学校」に校名変更
共学化
学科・コース改編
普通科を特進選抜、特別進学Ⅰ・Ⅱ類、進学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ類に改編
情報技術科を情報科に改編

TOPへ戻る