英語教育

外部検定試験対策・海外英語研修・グローバルビレッジ(GVS)

これまでの英語教育は、単語や英文を読み書きし、それらを「覚える」というものでした。しかし、グローバル化のますます進展する現代社会において、今後は、自分の気持ちや考えを英語で書き、話すことで「伝える」能力をいかに身につけていくかという点が重要になります。
また、大学入試においても英語の外部検定試験を活用することで「読む・書く・聞く・話す」という「4技能」の習熟度を測定することになりました。
社会がそのような力を求めているのです。
そのような状況を見据えて、日常的な英語科の授業を充実させることはもちろん、英語による特別な経験をすることで新たな世界を切り拓くために「海外英語研修」や「グローバルビレッジ(GVS)」というプログラムも実施しています。

「海外英語研修」

  • フィリピンのセブ島で約2週間の英語研修を実施するプログラムです。
  • 4技能(読む・書く・聞く・話す)のうち、「話す」・「書く」を重点的に強化。
  • 事前、事後学習を含めた長期プログラム(計5~6ヶ月間)。

※事前・事後学習…オンラインでの外国人講師とのマンツーマン英会 話講座
[ 事前学習(2ヶ月)+セブ島での研修(2週間)+事後学習(2~3ヶ月)+事前・事後テスト ]

(H29年度実績)

イメージ写真

「グローバルビレッジ(GVS)」

国内にいながら〈留学〉体験ができるプログラムです。
世界各国から来た留学生たちと、徹底的に英語でコミュニケーションをとりながら、テーマに沿った課題に取り組んでいきます。

イメージ写真

TOPへ戻る